ミサワホーム静岡 中部 静岡支店

イメージ
イメージ
イメージ

30年連続グッドデザイン賞受賞。
制震装置など先進技術で安心で
快適な住まいをご提案します

Event Informationイベント情報

Example & Interview建築実例&インタビュー

Facebook

Facebookにて最新情報更新中

MORE

Instagram

Instagramにて
最新情報更新中

MORE

Movie動画で建物案内

Staffミサワホームではたらく人たち

スタッフ紹介随時追加更新予定!

スクエア × アウトリビング

島田市 I様

I様宅イメージ

LDK + OL

家を建てることになり展示場を見てまわりましたが、ミサワホームで見たスクエアなフォルムの家が気に入り設計を頼みました。四角いデザインに太陽光が上手く載るといいなと思っていましたが、正面から見るとスクエア、南面には屋根をかけることで太陽光を効率良く載せることができました。

LDK+OL(アウトリビング)をいちばん重視してつくりました。ふたつの空間を大きな窓でつないぐことで、程よく外部から遮断しながらも空が見えるので、開放的があり心地よいです。

I様宅イメージ

壁紙とインテリアを一体でコーディネート

デニム柄の壁紙とクッション。リビング入り口のニッチ棚の壁紙とダイニングチェア。インテリアのテイストを合わせることで、雰囲気に一体感がでるようにしました。トイレ壁紙もイメージ通りうまくまとまったと思います。

寝室の真ん中にウォークインクロゼット

寝室に入ると左右にベッドルーム、真ん中にウォークインクローゼット。ある程度『個』のスペースを保ちながら、互いに気配の感じられるように天井はつながっているんです。

  • I様宅イメージ
  • I様宅イメージ
  • I様宅イメージ

生活感を見せない暮らし

静岡市 F様

I様宅イメージ

隠す収納

「デザインには、とにかくこだわりたかったです。春には桜が望める大きな窓や、開放感のある3mの高天井。私たちには快適でもったいないくらい。」

そうおっしゃるご夫婦は、お二人で美容院を経営しています。お引っ越しからもうすぐ1年経つというのに、生活感のないすっきりとした印象。

「アパートに住んでいた時は、掃除機や筆記用具、お便りの書類などが、どうしてもしまいきれず散らかっていました。でも、今はちゃんとそれぞれの戻す場所があります。壁掛けテレビの裏に設けた収納は、ワンモーションで片付けられて、出しっぱなしにもなりません。その甲斐あって、娘も自分で片付けをしてくれるようになりました。」

I様宅イメージ

オールステンレスキッチン

LDKで一番存在感を放つキッチン。「ネットで調べている中で見つけたものです。シンプルなデザインが気に入って、取り入れたいと思っていました。住宅メーカーによっては選べる設備が限られてしまうと聞いたこともありましたが、好きなメーカーの設備を自由に選べてよかったです。」

太陽光発電で光熱費も抑えて

「光熱費が正直心配でした。でも引っ越しして初めての夏、アパートの頃と光熱費は変わらなかったです。部屋数とエアコン台数は増えていますが、自然とエアコンを付ける頻度が減ったり、設定温度を下げたりもせずに過ごすことができたからだと思います。おまけに、売電収入も想像以上に入ってくるので、とても助かっています。」

「30年、40年色あせないデザイン。加えて人との縁。自分たちの要望と+αの提案で、自分たちだけでは建てることのできなかった家を実現することができました。」

  • I様宅イメージ

清閑なる棲家

静岡市 O様

I様宅イメージ

終の住処

新しい和モダンの姿。玄関へのアプローチとこぼれる橙色の光は、まるで旅館に訪れたような感覚にさせるたたずまい。

「もともとはリフォームを考えていたんです。長年の老朽化と地震の影響で、大黒柱に亀裂、クロスにも切れ目が入っていました。その頃は、地震・台風があるたびに家にいることが怖かったです。耐震補強も検討しましたが、建て替えでいこうと決めました。

建て替えを期に窓全部に電動シャッターを付けました。少し贅沢かなあと悩みましたが、台風の日でも、シャッターとペアガラスで全然分からないくらい静かで安心です。」

O様宅イメージ

郷愁への想い

「キッチンのガラスシンクや、和室建具は昔のものです。ガラス天板の流しは、昔の家に使われずに眠っていたもの。建て替える時には、絶対使いたいと思っていたので、とてもお気に入りです。打ち合わせの中で、ミサワホームのデザイナーさんが昔のものを活かした提案をしてくれたので嬉しかったです。」

O様宅イメージ

我家のギャラリー

玄関ホールには、天井まで伸びる大きな飾り棚。旅行がお好きなご夫婦のコレクションがたくさん飾られていました。

「昔からガラスの小物や、骨董品を集めるのが好きなんです。昔の家では飾る場所がなく、ずっと箱の中にしまったままでした。今では、ひとつひとつ飾ってあげることができるスペースがあって、眺めることができます。次はどんなものを飾ろうか、旅行に行く楽しみも増えました。」

和のぬくもりとご夫婦のあたたかさで、時間の流れがゆったりと感じられる空間。せかせかと過ぎる毎日の中で、ふと忘れかけていた和心に立ち返ることができるような住まいです。
  • O様宅イメージ